GOD BLESS YOU!


by jem77brmr
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Suhr standard #019(1998) VS Suhr standard #13133(2010) 徹底比較

 古いSuhrは現行ものよりもいいのか?
できるかぎりどちらをお勧めできるか・・・・を考え何回かに分け比較していきたいと
おもいます。精度は現在のが上なのでしょうが・・・SuhrはSuhrでも暖かさは別物の気がします。

まずは主要スペックから
・#019
 Body Wood:Swamp Ash 1P
 Neck Wood:Maple with Pau Ferro
 Nut:Floyd
 Frets:Heavy
 Bridge:Floyd Rose Original
 Geas:Sperzel Non LoCking
 Neck PickUP:Js Noise free singil→JST ML cl
 Middle PickUP:Js Noise free singil→JST ML cl
 Bridge PickUP:Duncan DS 59-B(実はJST Buckeだった。)→JST Aldrich

・#13133
 Body Wood:Quilt Maple top/Basswood back
 Neck Wood:Birdseye Maple 1P
 Frets: Medium
 Bridge:510 2-Post Solid Saddlees
 Geas: Sperzel LoCking
 Neck PickUP: JST V60 LP
 Middle PickUP:J JST V60 LP
 Bridge PickUP:JST DSV+

こんな感じです。

 持った感じはどちらもしっかりしてます。#13133は非常に軽いです。
生音は#019は落ち着いた感じです。#13133は高音寄りで元気がいい感じです。
サスティーンは#019が安定していて長いです。
この辺は、経年のせいもあるでしょう。
[PR]
by jem77brmr | 2013-11-25 11:12 | guitars